「駿河屋」開封による減額なし!状態本位の買取が特徴の駿河屋

駿河屋はフィギュアだけでなく、DVDや書籍、トレーディングカードなども扱う中古ショップです。
専門買取店ではなく販売も行っているのが特徴で、買取額と売値の比較がしやすいのが魅力になっています。

また、ネット通販で利益を挙げ、実店舗の経営に乗り出したのも大きなポイントです。
店舗拡大に伴うフィギュアの買取強化に力を入れていて、フィギュアの状態がよければで開封による減額を避けられるなど独自の工夫も見られます。

独自の買取システムが魅力になっている

駿河屋のフィギュア買取の強みは、宅配買取だけでなく事前見積もりが可能なことです。
駿河屋のあんしん買取サービスはフィギュアの種類や状態から、おおよその査定額を事前に知らせてくれるサービスです。
査定額に納得してから宅配買取や実店舗での買取依頼が可能で、査定額に納得できなければ送る手間自体を省けます。

利用の仕方は、会員登録を行い、マイページから身分証の登録などを行います。
身分証の登録がなくてもサービスは利用できますが、実際の買取の際の書類準備の手間が省けます。

次にあんしん買取検索から買い取って欲しいフィギュアを探し出し、コンディションなどの情報を入力します。
コンディションには目安があり、ずれがあれば実際の買取時に差額が生じます。
しかし、おおよその目安はできるだけでなく、どれだけ差が出るかも問い合わせることができるようになっています。

情報を入力することで、売却カートに商品が追加されていきます。
全ての情報を入力し終わったら送信処理を行い、査定結果を待ちます。

査定結果は登録メールアドレス宛に翌々日以降に届きます。
査定額に納得した場合は宅配買取か店舗持込を選んで買取を依頼することになります。

実店舗に実際にフィギュアを持ち込んで見積もりを出してもらうこともできます。
目安が事前にできることで、買取のハードルが大きく下がるのです。

状態がよければ箱の開封による減額が無い

フィギュアの買取額は状態によって変わります。
一般的には箱は未開封の方が良く、開封したかどうかで価値が大きくかわる場合があります。
しかし、駿河屋では、開封の有り無しよりも本体の状態をチェックすることを重視し、状態がよければ開封のあり無しで減額をしないことを宣言しています。

もちろん、箱やブリスターがない商品の買取も行っています。
箱はあった方が高くなり、多少状態が悪くてもプラス査定になることがあります。
むしろフィギュアの付属品がしっかりと残っているのか、状態が良いのかが重要になってきます。

差額が出ないか不安な場合は、あんしん買取サービスで事前にチェックしてもらうこともできます。
箱はあっても付属品がない場合でも、箱がない状態よりも高くなる場合があります。
実際に問い合わせてどれだけ差が出るか確認することができるのも同じです。

フィギュアを大切に扱っていて箱も付属品もあるなら、未開封品と同じ高値がつくケースもあるのです。
減額の注意事項は全商品共通の項目として目安が作られていて、非常にわかりやすいのも魅力です。

高価買取の情報も充実

駿河屋は高価買取品の情報も充実しています
買取品のジャンルが多いためフィギュアの買取情報にたどり着くまでが若干手間ですが、イベント限定品等を含めた超プレミア品の情報もチェックできます。
数十万円単位の買取品を一覧状態で見られるのが特徴です。

情報は充実していて商品の解説もしっかりしていますが、若干サイトの設計が古いのが難点です。
フィギュア買取専門店のようにビジュアル重視でわかりやすいレイアウトではなく、文字を読みながら探していく必要があるのです。

売りたいフィギュアが決まっているのであれば、あんしん買取から検索した方が早く情報を探せます。

送料の扱いが若干複雑になっている

駿河屋は宅配買取も行っていますが、送料の扱いが若干複雑になっています。
買取の依頼方法と品数、総額で負担が変わってくるからです。

あんしん買取を利用する場合は、査定額が3000円以上の場合はゆうぱっく着払いで送料が無料になります。
ただし、ダンボールのサイズに規定があり、規定を満たさずに複数の箱にわたって贈った場合は送料が請求される場合があります。
3000円以下の場合は送料が元払いになります。

あんしん買取ではなく、直接宅配買取を依頼するかんたん買取を依頼する場合は品数が重要になります。
買い取り商品が30点以上の場合は送料が無料になります。
30点未満の場合は有料です。
点数にはフィギュア以外の買取商品の数も含まれます。
また、ダンボールの数やサイズの規定があるのはあんしん買取と同様です。

ダンボールを含めた梱包キットを送ってくれるわけではなく、自分でダンボールを用意しなければならないのはマイナス点です。
また、注意事項が多いため、規定をクリアしない限り送料が有料になる可能性が高まります。

ダンボールの数などの関係でまとめてフィギュアを処分するハードルが高く、注意事項や送料の負担がストレス源になりかねないことに注意が必要です。
高額フィギュアはあんしん買取で買取を依頼するなど使い分けが重要になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です